2010年02月21日

首相動静(2月16日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時6分、公邸発。「先週末の各社の世論調査で内閣支持率が3割台に落ち込んでいるが」に「国民に政策をしっかりと訴えて暮らしに少しでも明るさが取り戻されたときに、政権交代が正しかったという気持ちになっていただけると確信している」。同8分、国会着。同9分、院内大臣室へ。同17分、閣議開始。
 午前8時48分、閣議終了。同50分、院内大臣室を出て、同51分、国会発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午前9時8分から同52分まで、松井孝治官房副長官。
 午前10時1分から同6分まで、松野頼久官房副長官。
 午前10時9分、平野博文官房長官が入った。同34分、松井官房副長官が加わった。
 午前10時47分、平野、松井両氏が出た。
 午前11時13分から同27分まで、松野官房副長官。
 午後0時8分、執務室を出て、同9分、首相会議室へ。
 午後0時36分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院議長応接室へ。
 午後1時、衆院議長応接室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
 午後4時33分、衆院本会議散会。同34分、衆院本会議場を出て、同36分、国会発。同37分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後5時13分から同34分まで、藤田幸久民主党参院議員。中山義活首相補佐官同席。
 午後5時35分から同57分まで、吉良州司外務政務官、小田部陽一外務審議官。
 午後6時8分、執務室を出て大ホールへ。同9分から同17分まで、報道各社のインタビュー。「バンクーバー五輪のスピードスケート男子で、日本勢として初めてメダルを獲得したが」に「日本のお家芸復活で素晴らしいと思う」。同18分、大ホールを出て官邸発。
 午後6時38分、東京・台場のホテル日航東京着。同ホテル内の宴会場「ペガサス」でバンクーバー冬季パラリンピック日本選手団壮行会に出席し、あいさつ。
 午後7時2分、同ホテル発。。
 午後7時34分、公邸着。
 午後7時39分、平野官房長官、松野、松井両官房副長官が入った。
 午後8時48分、平野、松野、松井各氏が出た。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

山内議員元秘書を逮捕 架空の投資話で3千万円詐取容疑(産経新聞)
交通事故 米子自動車道で正面衝突…3人死亡、4人重傷(毎日新聞)
小2男児、学年途中から「女児」 性同一性障害で(産経新聞)
<雑記帳>道路標識の支柱に腐食防ぐ新素材導入 埼玉県警(毎日新聞)
<火災>2幼児、遺体で発見 東京・練馬のアパート(毎日新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

<五輪フィギュア>小塚選手にエール…元五輪代表の父(毎日新聞)

 バンクーバー五輪フィギュアスケート男子は17日(日本時間)にショートプログラム(SP)が行われ、名古屋市出身の小塚崇彦選手(20)=トヨタ自動車=が、出場30人中22番目に登場する。自らも五輪に出場した父嗣彦(つぐひこ)さん(63)は「自分の力を出し切ってほしい」とエールを送る。

 ◇17日にSP…男子

 小塚家には3代にわたるフィギュアの系譜がある。小塚選手の祖父光彦さんは愛知県スケート連盟の創設に携わった。光彦さんから指導を受けた嗣彦さんも、全日本選手権3連覇や68年グルノーブル五輪出場などの実績を残した。

 光彦さんの指導は厳しく、競技をやめることさえ許されなかった。「だから反面教師なんです」と言う嗣彦さんは、父から続く道を強制しなかった。アイスホッケーやサッカー、ダンスなどに親しんだ小塚選手が自らフィギュアを選んだのは小学校高学年の時。ただし、知り合いだった佐藤信夫・久美子夫妻にコーチを頼んだ。「親子が師弟になることはない」。自分の経験による判断だった。

 「私の方が器用だが、崇彦の方が努力する。やめたいと言ったことがない」と嗣彦さん。06年世界ジュニア選手権、08年スケートアメリカで優勝するなど着実に成長した小塚選手は、昨年末の全日本選手権で3位に入り、五輪出場を決めた。

 早大3年時に五輪に出場した嗣彦さんは「参加することに意義がある、の言葉通り。競技のことはあまり覚えていない」と苦笑いをする。トヨタ自動車の社内留学制度で中京大に通う小塚選手も現在3年生。嗣彦さんは五輪を巡る不思議な縁も感じる。

 「最近は私のアドバイスに自分の考えを言うようになってきた」と、息子の成長を感じている。「出発前には風邪を引かない、おなかを壊さない、けがをしない、と伝えた。親としてはまずは万全の体調で自分の力を発揮してほしい」。先輩として、父親として小塚選手を見守る。【村社拓信】

【関連ニュース】
フィギュア:親子2代で栄光の舞台…小塚選手が五輪切符
全日本フィギュア:高橋、小塚が五輪へ 3代表出そろう
全日本フィギュア:高橋がSP首位 小塚2位、織田3位
五輪フィギュア:高橋ら公式練習「心配ない」
バンクーバー五輪:フィギュアの小塚崇彦が現地へ出発

石川議員、午後に離党届(時事通信)
「医療崩壊止められない」―報酬改定で保団連(医療介護CBニュース)
夫の相続2億円隠す 妻「命にかえて残した」 大阪国税局が告発(産経新聞)
雑記帳 バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)
ケニア大使館敷地内で火災、激しく炎上がる(読売新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

<大阪ガス>ロボットでガス管点検 阪大と共同開発(毎日新聞)

 大阪ガスは15日、ガス管を点検するロボットを大阪大学と共同開発し、15年度にも実用化する方針を明らかにした。ガス管内を自走する点検ロボットの開発は全国のガス会社で初めて。都市ガス各社は老朽化で腐食した地下のガス管の更新を進めているが、点検には路面を掘る工事が必要で、なかなか進んでいない。ガス管内を移動しながら内部の画像を送信するロボットを開発すれば、腐食個所を容易に特定でき、早期の対策が可能になる。

 大阪大大学院工学研究科の大須賀公一教授と大阪ガスが共同開発。ロボットは、ステンレス板をらせん状に巻いてできた紡錘形のバネ状の躯体(くたい)に小型モーターとタイヤを装着。幅約17センチ、長さ約1メートルで、バネがガス管の内壁に張りつきながら進み、管のつなぎ目や曲がった個所でもスムーズに移動できるという。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、ガス管の老朽化による腐食で起きたガス漏れ事故は08年に全国で約40件。ガス管のトラブルによる事故全体の約3割を占め、増加傾向にある。【清水直樹】

【関連ニュース】
大商:会頭に佐藤茂雄・京阪電鉄CEO
癒やしロボ:介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔
けいざいフラッシュ:大商会頭に佐藤・京阪電鉄CEO
大阪ガス・リビング事業部商品開発チーム、上田奈穂さん
<ロボット>脳波で操作 二足歩行ロボットの格闘技大会に出場

<訃報>玉置宏さん76歳=名司会「1週間のごぶさた…」(毎日新聞)
<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)
夜汽車の雰囲気、大井川鉄道でSLファン堪能(読売新聞)
宇都宮線が全線運転見合わせ 車両トラブルで(産経新聞)
参院選民主の2県連2人目擁立 宮城、福島割れる対応(河北新報)
posted by ナカオカ ミツル at 11:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。