2010年02月08日

大分県津久見市がワースト 全国市の生産性ランキング(産経新聞)

 民間シンクタンクの関西社会経済研究所は3日、全国の780市の行政サービスの生産性ランキングを発表した。一定の行政サービスを生み出す職員の人件費を、人口規模や給与水準などをもとに独自に試算した初の試み。人口1人当たりの年間の職員人件費を示す「労働コスト」比で、富山県小矢部市の1万838円が全国トップ。関西2府5県では、福井県あわら市(1万5212円)の全国17位が最高だった。

 最も生産性が低かったのは、大分県津久見市が4万6346円。関西では奈良県葛城市の4万3149円(全国776位)。政令市でみると、京都市の3万2481円が全国707位で、福岡市や広島市に次ぎ労働コストが高くついた。大阪市も2万9867円と、政令市(15市)中でワースト5の全国634位に位置づけられた。

 全国平均以上の生産性を示す自治体は全国の53・6%に対し、関西では41・7%にとどまった。大阪府では10市(30・3%)とさらに低下しており、生産性に課題を残す自治体が多い実態を浮き彫りにした。

 一方、地方税や地方交付税の全額を経常的な支出で使い切ってしまう「経常収支比率100%以上」の市は、関西で20・8%にのぼることも判明。全国平均の6・6%を大きく上回っており、財政硬直化が進んだ自治体が多かった。

 研究を担当した関西学院大学経済学部の林宜嗣教授は「今の行政改革で最も欠けているのが生産性の視点。最少の経費で最大の効果をあげる効率性の意識を持たないと自治体は行き詰まる」と警告している。

【関連記事】
国の経営感覚もたない鳩山政権
賃下げめぐり労使激突 消費低迷、デフレ加速の懸念も
鳩山政権に求めるのは「雇用・経済」 関西生産性本部が調査結果発表
食料難時代の切り札 「植物工場」で“未来型野菜”
Twitterの次はセカイカメラ 拡張現実が変える2010年

雅子さま「良くなられた」…東宮職医師団(読売新聞)
<長崎県知事選>過去最多の7人が立候補を届け出(毎日新聞)
<タミフル>副作用不認定 医薬品機構側が勝訴 岐阜地裁(毎日新聞)
男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか−福島県警(時事通信)
和辻哲郎文化賞に今橋、互両氏(産経新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」 華やかな金冠に感嘆(産経新聞)

 モンゴル騎馬遊牧民の歴史と文化を紹介する「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」(産経新聞社など主催)が2日、東京都墨田区の江戸東京博物館で開幕し、多くの人でにぎわいをみせた。

 中国・内モンゴル博物院が所蔵する一級文物(国宝)54点を含む159点を公開。13世紀初頭に建国された帝国をはじめ、さまざまな部族がモンゴル高原を支配した紀元前4世紀から紀元9世紀ごろや明・清代にも焦点を当て、3部構成で展示している。

 武具のほか、色鮮やかな女性の装束や金冠など華やかな出品物も数多く、奈良県から訪れた20代の女子学生は「装飾品に西洋の影響がうかがえ、大きな帝国を築いていたことを再認識した。長い年月がたつのに保存状態がよく、加工技術の高さを感じた」と貴重な品々に見入っていた。

 4月11日まで。問い合わせは(電)03・3626・9974。

【関連記事】
吉川晃司がナビ声初挑戦、朝青龍問題は擁護
【チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展】音声ガイドを務める歌手、吉川晃司さん
モンゴル大統領が死刑廃止を提案
吉川晃司「−モンゴルの至宝展」音声ガイド
モンゴル孤児招き支援のコンサート 伝統舞踊などプロ顔負けの技術を披露

新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
<内服薬>バラバラ処方せん標準化へ 誤読の危険回避へ(毎日新聞)
普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。