2010年03月27日

<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた元千葉県警佐倉署警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=に対し、東京地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。吉村典晃裁判官は「『交際女性と別れたくない』という気持ちから覚せい剤を女性と一緒に使用しており、強い非難に値する。警察への信頼を損なわせたが、深く反省している」と述べた。

 検察側は公判で、佐藤被告がかつて容疑者として取り調べた池辺正子被告(43)=同法違反で公判中=と不倫関係になり、池辺被告に密売人を紹介したと指摘していた。

 判決によると、佐藤被告は09年12月、千葉県佐倉市で池辺被告とともに覚せい剤を使用した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで
覚せい剤:元警部補が「密売人紹介」初公判で検察
覚せい剤:被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張

「昼間にも叫び声」マンション住人が証言 天王寺で腹刺され男性死亡(産経新聞)
同意人事、見直し求める=福島消費者相(時事通信)
<訃報>小倉恒子さん57歳=乳がん患者で耳鼻咽喉科医(毎日新聞)
爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(3)俳優 國村隼さん(産経新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

「一緒に歌おう」カラオケ部屋侵入、強姦未遂で男逮捕(産経新聞)

 カラオケボックスを1人で利用していた女性を乱暴しようとしたとして、警視庁東村山署は強姦未遂の疑いで東京都清瀬市、無職、杉山幸成容疑者(28)を再逮捕した。同署によると、杉山容疑者は「ひどいことをした。謝罪したい」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、6日午前1時ごろ、同市内のカラオケボックスに1人で来店していた20代の女子大生の部屋に「一緒に歌おう」と言って入りこみ、乱暴しようとしたとしている。

 同署によると、女子大生が抵抗したため、杉山容疑者は逃走した。

 11日午前2時ごろ、同じカラオケボックスに再び現れ、1人で来店していた別の20代の女性の部屋に入り込もうとしているのを店員が発見して通報。駆けつけた同署員が、建造物侵入の現行犯で逮捕していた。

【関連記事】
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯
性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年
強盗強姦未遂の疑いで男逮捕、8回目 大阪
防衛大生3人逮捕 女性に暴行未遂容疑
千葉大女子学生放火殺人 強盗殺人と放火容疑で男再逮捕
あれから、15年 地下鉄サリン事件

子どもの心の診療提供、医療計画に「記述あり」は2割弱(医療介護CBニュース)
<原研機構>もんじゅ安定まで理事長を特例再任(毎日新聞)
自民、温暖化対策対案を提出 政府案より緩めに設定 (産経新聞)
幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で−政府答弁書(時事通信)
自転車違反警告水増し、埼玉県警巡査2人処分(読売新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

都の高齢者、「支えられる」から「社会を活性化」へ―協議会が最終報告(医療介護CBニュース)

 東京都の「団塊世代・元気高齢者地域活性化推進協議会」(会長=宮城孝・法政大教授)は3月18日、最終報告をまとめた。最終報告では、「支えられる存在」から「社会を活性化する存在」へと高齢者像を一新するため、都が区市町村や企業の取り組みを支援する方向性を確認した。

 最終報告では、都が健康な高齢者による地域貢献を支援する機運づくりと情報発信を目指すとともに、区市町村の取り組みを支援することを確認した。具体的な取り組みとしては既に、昨年12月に高齢者による地域支援を促進する「Tokyoシニア情報サイト」を開設。今年1月16日には「中高年のための地域デビューのすすめ〜あなたも地域の即戦力〜」と題したイベントを開催している。

 4月からは区市町村の取り組みや各地域で活躍する高齢者の事例を記事化し、Tokyoシニア情報サイトで月に2件程度配信する。また6月をめどに、都と区市町村の取り組みをまとめた広報媒体を作成。日本経団連などの団体や都内の企業に呼び掛け、定年退職者向けの説明会などで配布してもらうなどして周知を促したい考え。

 区市町村が独自に実施する高齢者の活性化支援策についても、先駆的な内容を中心に、積極的に財政支援する方針だ。

 同協議会の委員からは、都の取り組みに期待する声があった一方で、今後の課題についての指摘もあった。地方自治体が積極的に高齢者の地域参加を促しても、「自治体の財政援助がなくなると、すぐに活動は縮小してしまう。次のステップとして資金の掛からない仕組みづくりが必要」(真貝高三・特定非営利活動法人笑顔せたがや地域デビューコーディネーター)、「地域サービスの需要は細分化が進行している。それに応えるためには、地域の企業や団体とのさらなる連携が欠かせない」(池山恭子・NPO法人なぎさ虹の会会長)との意見があった。


【関連記事】
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都
認知症加算、独居高齢者加算の請求割合高く―都内ケアマネ事業所
同居高齢者、朝・昼は3割が「孤食」―練馬区が調査
介護施設でのターミナル、ケアマネが意見調整の中心に
高齢者向け住宅のサービス指針を策定―東京都

<覚せい剤>ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで(毎日新聞)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ−神奈川県(時事通信)
地下鉄サリン事件15年、遺族や関係者が献花(読売新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。