2010年04月16日

都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で−アレフ(時事通信)

 オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は9日、東京都内で記者会見し、警視庁が国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件に教団信者が関与したとの捜査結果概要を公表したことについて、都公安委員会に苦情の申し出をしたことを明らかにした。
 荒木部長によると、アレフは先月31日、ホームページから捜査結果概要を削除するよう警視庁に要請したが、断られたため、警察法に基づき申出書を提出した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

強盗未遂容疑男が被害者演じる=軽犯罪法違反でも送検へ−警視庁(時事通信)
「市長派」の阿久根市議、議会自主解散提案へ(読売新聞)
<海洋土木業者>政治団体が公益法人と一体化か 会計を兼務(毎日新聞)
<ダイキン工業>空気清浄機87万台回収 発火8件(毎日新聞)
殺人未遂 警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
posted by ナカオカ ミツル at 14:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。